コラム

 公開日: 2016-04-28 

富裕層に対する課税強化について(1/2)

 マイナンバーに代表されるように、税務当局は、納税者の収入や財産に対する監視の目を強めています。特に富裕層に関しては、海外との取引を利用しての脱税行為が後を絶たないため、国際的な連携のもと、課税強化に努めているようです。相続税や消費税、所得税が増税路線にあるなかで、課税漏れがあっては、不平等が生じることからの要請でもあります。今回、次回では、主に富裕層の財産や取引を捕捉するための制度を紹介します。

【『財産債務調書』および『国外財産調書』】

 平成26年度(平成26年7月~平成27年6月)における所得税の税務調査の結果、海外取引を行っている者の1件あたりの申告漏れ所得金額は1,944万円となっており、全体の1件あたりの申告漏れ金額877万円の約2.2倍に及んでいます。
 また、同じ平成26年度における相続税の税務調査においても、海外資産の申告漏れ課税価額は指摘があった納税者1件あたり4,034万円(全体では2,657万円)となっています。このような実態から、海外取引や海外資産については国税当局も積極的に調査を実施しています。それとともに、保有する国外財産について自ら申告する制度が平成26年度から施行されています。これが「国外財産調書」になります。
 以前より、年間所得金額が2,000万円超の者については財産債務明細書を提出することになっていましたが、平成25年度において、提出対象者は36万人にもかかわらず、提出者は16万人と44%程度にすぎませんでした。そこで、平成28年からは提出義務者を絞り込んだうえで、「財産債務調書」として提出が義務付けられました。
 これらの調書制度はいずれも12月31日時点の状況で提出義務を判定し、翌年の3月15日までに提出しなければなりません。
 なお、国外財産調書と財産債務調書の両方の提出義務のある者はいずれも提出しなければなりません。両方提出する場合、国外財産調書に記載した国外財産については、財産債務調書に合計額のみを記載すればよく、詳細は省略できます。
 財産債務調書は、所得が2,000万円以上かつ、資産総額が3億円以上または1億円以上の有価証券を保有している者に提出義務があります。国外財産調書は、5,000万円を超える国外財産を有している者に提出義務があります。提出漏れや提出に不備があると、所得税の申告漏れがあった際に、加算税が5%追加されます。
 国外財産調書には、上記の加算措置以外に、虚偽の記載や提出漏れがあった際には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金という刑罰が科せられることがあります。

【国外転出時課税制度】
 
 株式等の売却益については、租税条約上、株式を売却した者の居住している国に課税権があります。これを利用し、巨額の含み益を有する株式を保有したまま、株式等の売却益を非課税匡に居住してから売却することが可能でした。そこで、平成27年度税制改正により、国外転出時課税制度が創設されました。これは、国外転出時に株式等を譲渡したとみなされ、その譲渡益に所得税が課税される、という制度です。
 また、対象株式等の保有者から国外居住者に、贈与や相続で株式等が移転したときにおいても、この「国外転出時課税制度」が適用されます。
 なお、国外転出等の日から5年以内に売却等をせずに、
① 帰国をした場合
② 対象資産を日本国内に居住している人に贈与した場合
③ 本人が亡くなり、対象資産を相続等により取得した相続人全員が日本国内に居住す
ることとなった場合
 には更正の請求により、課税を取り消すことができます。また、担保の提供や納税管理人の選任、毎年の継続適用届出書の提出等の一定の要件を満たすことにより、納税の猶予(最長10年)を受けることもできます。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
個人事業主の事業継承における、節税対策と相続争い対策 ~親子間継承と第三者継承の違い~

私の作成した記事が、経営ハッカーというサイトに掲載されました。以下、内容を転載します。よろしければ、ご覧に...

[ 税金 ]

役員だけの人間ドックは認められない

今回は、税務調査でよくある指摘事項として、「人間ドック」をとりあげてみようと思います。人間ドックは、健康保...

[ 税金 ]

居酒屋バイト「給料手渡し、源泉徴収なし」、 それでも税金払わなくちゃダメ?

私の作成した記事が、税理士ドットコムというサイトに掲載されました。以下、内容を転載します。よろしければ、ご...

[ 税金 ]

民泊用家屋が「住宅」から外れると、 固定資産税が数倍に

外国人旅行者等を自宅等に宿泊させ宿泊料を得る「民泊」が、オリンピックの開催に向け、盛り上がりをみせています...

[ 税金 ]

修繕工事、一部完了した場合の経費計上は?

工場や事務所の修繕工事などで、決算日をまたぐ場合があります。そのような場合に、経費にできる時期について迷う...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ