コラム

 公開日: 2016-08-16 

平成28年度税制改正のポイント(2/2)

 今年度も、多くの税制改正がありました。法人に関する改正については、法人税率の引き下げ改正が目を引きますが、一方で減価償却制度や租税特別措置の見直しなど、実質的な負担増項目も数多くあります。

1.法人税率の段階的な引き下げ
 中小企業にとっては、外形標準課税の適用はありませんので、大企業ほど税率引き下げの恩恵は大きくありません(0.53%~0.74%の引き下げ)。また、課税所得800万円以下の実効税率は、基本的に変更はありません。

2.欠損金の繰越控除制度の見直し
 欠損金の繰越期間(現行9年)が、平成30年4月1日以後に開始する事業年度分から10年に延長されます。

3.建物附属設備等の定率法廃止
 これまで、建物附属設備・構築物(及び鉱業用建物など)の減価償却の際、認められていた定率法が、建物本体の減価償却同様に適用できなくなり、定額法に一本化されます。
 この改正により、たとえば、事務所や賃貸物件を建築するにあたり、これまで定率法が適用できた建物附属設備や構築物が減価償却の対象資産となった場合、定額法しか適用できないので、初期の減価償却額が減り、所得が増え、税負担がキャッシュフローに影響することも考えられるでしょう。

4.企業版ふるさと納税の創設
 地方公共団体の行う一定の地方創生事業に対し、企業が行う寄附について、法人税・法人住民税・法人事業税から寄附額の30%が税額控除される制度が創設されます。これまでも地方公共団体への寄附は、損金算入が認められており、法人実効税率により、概ね寄附額の3割程度は税負担が軽減されますので、この企業版ふるさと納税と併せて最大6割程度の減税効果があります。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚に伴い受け取る分割年金の課税について

【質問】私は、元会社員であった夫と平成28年7月に離婚しました。離婚に際して年金分割制度により、婚姻期間...

[ 税金 ]

個人が支出した被災地に対する義援金の取り扱い

熊本地震の被災地や被災者に対して、様々な形で復興支援が行われています。過去にも、義援金の取り扱いについて、...

[ 税金 ]

継続者不在による中小企業の事業承継の方法

私の作成した記事が、経営ハッカーというサイトに掲載されました。以下、内容を転載します。よろしければ、ご覧に...

[ 税金 ]

公益法人の設立について その2

公益認定基準公益法人は、「不特定」「多数」の利益の増進に資するよう、厳格な基準が設けられ得ています。大き...

[ 税金 ]

公益法人の設立について その1

公益法人と聞いて、どのようなイメージをもつでしょうか。法律上、公益法人とは、「公益社団法人及び公益財団法人...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ