コラム

 公開日: 2016-09-04 

複数の企業に勤務する場合の給与所得課税

企業による終身雇用や年功序列の維持が難しくなり、転職や複数の会社で働いて収入を得る働き方やフリーランスで副業収入を得ている人も珍しくなくなりました。このような場合、所得税はどのように処理されるのでしょうか。

《給与所得に対する課税の仕組み》
給与の支払いをする会社は、給与を支払う際、所得税などを源泉徴収し、原則として、年末調整によって所得税などの過不足の精算を行います。会社は、1年間の給与の支払額などについて、税務署や自治体に報告し、納税を行うため、給与所得者の多くは、自ら確定申告手続を行うことはありません。

《給与所得者の確定申告義務》
給与所得者であっても、年収が2,000万円を超える場合や、給与所得以外の収入が20万円を超える場合など、一定の場合には、所得税の確定申告をしなければなりません。
また、年の途中で転職をした場合、前の会社から交付された給与所得の源泉徴収票を新しい会社に渡すことにより、年末調整が行われます。これにより、前の会社分も含めて過不足額の精算が行われ、原則として、確定申告を要しません。
給与所得者が、主な会社からの給与収入を得ている場合で、ほかに副業収入を得ている場合(所謂ダブルワーク)で、その副業収入が給与である場合、主な勤務先からは、通常の源泉徴収がされ、2つ目の勤務先からは、主な勤務先より多めの源泉徴収(乙欄といいます)がされます。年末調整は行われず、それぞれの会社から源泉徴収票が交付されるので、それぞれで確定申告をする必要があります。なお、副業の給与分も含まれた住民税の特別徴収税額は、原則として、主な勤務先に通知されることになります。

《フリーランス収入の場合の留意点》
いわゆるフリーランス収入(請負など)がある場合は、事業所得もしくは、雑所得として、給与収入とは別の方法で計算します。
そのため、給与所得者が副業収入としてフリーランス収入がある場合には、給与所得とそれ以外の所得(事業所得か雑所得)をそれぞれ計算する必要があります。
また、いわゆる「103万円の壁」は、所得税法上の扶養控除や配偶者控除の適用上限のことで、前提となる収入は給与となりますので、フリーランスの場合、注意したほうがよいです。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
電子メールによる領収書と印紙税

【質問】仕入先A社から、「今後、領収書は紙での発行を止め、電子メールで送付するので印紙の貼付を取り止めま...

[ 税金 ]

法定相続情報証明制度が始まりました!

 平成29年5月29日から「不動産登記規則の一部を改正する省令」が施行され、それに伴い不動産登記事務等の取扱いに...

デートで必ず領収書をもらう「しみったれた彼氏」、 経費で落としたら脱税になる?

私の書いた記事が税理士ドットコムトピックスに掲載されましたので、転載いたします。よろしければ、ご覧になって...

[ 税金 ]

国内で作成した領収書の国外交付と印紙税

【質問】A国所在の取引先Bから送金を受けて、国内でその領収書(本件領収書)を作成し、本件領収書をA国に...

[ 税金 ]

親族間の金銭貸借に係る税務上の留意点(2/2)

マイホーム購入時など一時に多額の資金が必要な場合に、親と子など特殊な関係がある者相互間(以下、家族間)で資...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ