コラム

 公開日: 2017-01-06 

個人が支出した被災地に対する義援金の取り扱い

熊本地震の被災地や被災者に対して、様々な形で復興支援が行われています。過去にも、義援金の取り扱いについて、取り上げたことはありますが、今回は、個人が義援金を支出した場合の税制上の措置について概観します。

1.寄附金控除(所得税)
 各年ごとに、2,000円を超える「特定寄附金」を支出した場合、一定の要件の下で、所得控除の対象となります。所得税は、累進税率となっていますので、適用される税率の高い人のほうが、寄附金控除の適用による所得税の減少額が大きくなります。
 匡・地方公共団体への寄附金、その義援金が最終的に匡や地方公共団体に拠出されることが明らかであるもの(日本赤十字社や各種募金団体を通じたものがあります)については、「特定寄附金」として寄附金控除の対象となります。
 そのため、震災義援金を募る募金団体に支出した義援金であっても、「特定寄附金」に該当しない場合には、寄附金控除の対象となりません。

2.寄附金税額控除(住民税)
 住民税所得割の納税義務者が、前年中に地方自治体や一定の団体に対して2,000円を超える寄附金を支出した場合、個人住民税の計算上、税額控除の対象となります。なお、地方自治体に対して寄附をした場合には、一定の要件の下、「ふるさと納税」として税額控除額が上乗せされます。
 所得税法上の寄附金控除と同様に、募金団体に義援金を支出した場合でも、その義援金が最終的に被災地方公共団体または義援金配分委員会等に拠出されることが明らかであるものについては、「ふるさと納税」の対象となります。

3.義援金とワンストップ特例制度
 確定申告義務のないサラリーマンなどが5以下の地方公共団体に対して「ふるさと納税」を行う場合、寄附時に寄付先の地方公共団体に申請書を提出することにより、確定申告を行わなくても、「ふるさと納税」の適用を受けられます。
 この特例を適用した場合、所得税の確定申告(還付申告)をしないため、寄附金控除の適用が受けられません。そのため、所得税は減少しないのですが、寄附金控除を適用した場合の所得税の減少額に相当する額が、寄附金税額控除として、住民税から控除されます。
 この結果、確定申告(還付申告)によって寄附金控除を行った場合と同等の税の減少効果が得られます。なお、募金団体を通じた義援金については、この特例制度の適用はありません。

4.ふるさと納税謝礼金と被災者が受け取った義援金に対する課税
 個人が、ふるさと納税の謝礼品を受け取った場合、当該経済的利益は、一時所得として課税対象となります(50万円の特別控除枠あり)。
 一方、被災者(個人)が地方公共団体から受け取った義援金は、所得税法上非課税となります。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「機械及び装置」と「器具及び備品」の違いって?

会社が高額な電子機器等を新規に購入して、その購入した資産が「機械及び装置」になるのか、又は「器具及び備品」...

[ 税金 ]

定期同額給与の未払計上の是非について

設立して間もない会社の場合、定期同額給与を設定したものの、未払になってしまうことがあります。しかし、定期同...

[ 税金 ]

社長の後継者育成費用として法人が負担する 社長の子弟の学費等の取扱い

【質問】同族会社で、資格が必要な仕事の場合、専門学校などに社長の子弟を通学させ、資格を取得させることがあ...

[ 税金 ]

不良在庫の廃棄損で注意すべきポイント

決算直前になって、思いの外利益が出てしまった場合などに、倉庫に眠っている不良在庫のうち、今後売却の見込みが...

[ 税金 ]

離婚に伴い受け取る分割年金の課税について

【質問】私は、元会社員であった夫と平成28年7月に離婚しました。離婚に際して年金分割制度により、婚姻期間...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ