コラム

 公開日: 2018-03-06 

国内で作成した領収書の国外交付と印紙税

【質問】

A国所在の取引先Bから送金を受けて、国内でその領収書(本件領収書)を作成し、本件領収書をA国に駐在している当社の社員に送付し、その社員がBに本件領収書を交付する場合、印紙税の納税義務が生ずることになるのか、お尋ねします。



【回答】

1.印紙税の納税義務について
 印紙税法3条1項は、課税文書の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある旨規定しており、印紙税法は国内法であり、その適用地域は日本国内(本邦地域)に限られることから、課税文書の作成が本邦地域外(国外)で行われた場合には、印紙税の課税関係は生じない、すなわち、印紙税の納税義務は生じないことになります。

2.課税文書の「作成」について
 上記にいう「作成」に意義については、「単なる課税文書の調製行為ではなく、課税文書となるべき用紙等に課税事項を記載し、これを当該文書の目的に従って行使することをい」(印紙税法基本通達第44条1項)い、例えば、金銭の受取書等、相手方に交付する目的で作成される課税文書については、当該課税文書の「交付の時」と解されております(印紙税法基本通達第44条2項)。

3.本件領収書について
 本件領収書については、国内において調製されているものの、A国(国外)において、作成者の社員がBに交付し、そのときに所持が失われることから、国外において、本件領収書がその目的に従って行使されたと解するのが相当であり、したがって、本件領収書について印紙税の納税義務が生ずることにはならないと考えられます。

この記事を書いたプロ

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 [ホームページ]

公認会計士 内山瑛

静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL:053-525-9123

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
アクトタワー近く内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所 所長 内山 瑛氏

5年先まで見据えての資金繰り〜事業計画で起業支援(1/3)

 「自分のお店を持ちたい」「事業で成功したい」と独立開業を夢見ている人は潜在的に多いといわれる一方で、「開業の方法が分からない」という方もまた多いようです。内山瑛さんはそんな方達を応援したいと起業支援に取り組んでいらっしゃいます。 内山さ...

内山瑛プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

会社名 : 内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所
住所 : 静岡県浜松市中区板屋町521 [地図]
TEL : 053-525-9123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

053-525-9123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内山瑛(うちやまあきら)

内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
仮想通貨に関する所得の計算方法等について

 国税庁は、ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益について、その具体的な...

[ 税金 ]

不動産の取得時・保有時の税金について(2/2)

1.登録免許税不動産を取得し、その登記を受ける際にかかるのが登録免許税です。不動産に関する登記には、最初...

[ 税金 ]

上記の住宅に関する特例の適用対象となる新築住宅又は既存住宅の敷地については、一定期日までに申告す

不動産に関する税には、課税される時期によって様々あり、大きく分類すると、「取得時」、「保有時」、「譲渡時」...

[ 税金 ]

設立1期目の決算期変更について

【質問】今年1月に設立して5か月経過した株式会社です。1期目の事業年度は定款上1月から7月までです。とこ...

[ 税金 ]

未払残業代に係る法人税及び所得税の取り扱い

 社会的に問題となっている違法な長時間労働の解消に向けた取り組みとして、現在、労働基準監督署は長時間労働が...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ