コラム

 公開日: 2016-03-18 

街道筋の家 東海道本線 田舎の駅に暮らす

日本地図を広げてみると、
すると、東海道沿線に暮らしていることの素晴らしさに気がつく。
たとえば由比蒲原などの地域を考えると。
田舎でさびれて、人口がへっているような駅だけれど、そこから東海道本線に乗れば静岡駅まで20分、静岡駅から新幹線に乗れば1時間後には東京駅のホームに立つことが出来る。
これは実はすごいことです。
由比蒲原をそういう視点で見たならば、ここは日本一便利な土地だと言っても良い。
東海道本線の小さな駅は、どことなくさびれて寂しい。駅を降りて歩いてみても人通りは少ない。どこも人口は減っていると聞く。
だから空き家があったり、ところどころにぽっかり空いた土地がある。
どの土地も間口が狭く、両隣が迫って建てられ、奥行きばかりが深い。
一見どうにもなりそうにない土地に見える。だから驚くほど安い価格で売りに出ていたりする。

空き地
そういう土地を安価に購入して素晴らしいライフスタイルを手に入れた人達が存在する。
駅前のマンションライフは便利だけれど、別の選択肢があることをこの人たちは私たちに教えてくれる。
ライフスタイルの形成における住まいの役割は大きい。
住まいは人生観までも表すと言っても過言ではない。
自らの生き方が表現された家に住むことが出来たなら、それは素晴らしい生き方になるに違いない。

外観

外観正面
あなたはどこに、どんな家に住んで生きていくのか。
東海道本線沿線の田舎暮らしは、すごく便利で、ひとの心も豊かで、食べ物もお酒もとても美味しくて、とても素敵な生活なのです。
あなたも街道筋の家の住人になりませんか?
これはライフスタイルの提案です。

内観1

内観2

雨中有楽

この記事を書いたプロ

株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽 [ホームページ]

一級建築士 若山誠治

静岡県静岡市清水区由比阿僧941-4 [地図]
TEL:054-375-5289

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
日本家屋のよさを今に伝える、若山建築事務所の若山誠治さん

日本家屋のよさを再発見!今だからこそ天然素材で家づくりのすすめ(1/3)

由比の海を望む高台にある「若山建築事務所」。一級建築士の若山誠治さんが代表を務めるこの建築事務所では、日本の風土や気候にあった「木の家」を今の暮らしの中に生かしていく「家づくり」を提案しています。「縄文時代から日本人が築きあげてきた家づく...

若山誠治プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

数寄屋、茶室、社寺、自然素材の家、パッシブデザイン

会社名 : 株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽
住所 : 静岡県静岡市清水区由比阿僧941-4 [地図]
TEL : 054-375-5289

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-375-5289

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

若山誠治(わかやませいじ)

株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
山門まわりの改修
イメージ

由比の古刹林香寺の山門まわりの手入れが始まりました。傷んだ材料が所々に見受けられますので部分的に取り換...

[ お寺 ]

古いまちやを再生
イメージ

兵庫県竜野で古い民家を再生しています。上がりかまちと称して街並み再生を進める「NPOひと・まち・あーと」の...

[ 街道筋の家 街並みの再生 ]

二人で暮らす小住宅 和紙と木に包まれて暮らす
イメージ

16日完成住宅にご案内します。二人で暮らす小住宅。和紙と木に包まれた本物の自然素材の家。広いリビング...

[ 小住宅 ]

和室の天井に無垢板を貼る。いなご天井。竿縁天井。
イメージ

和室が出来上がってきました。左官工事の途中です。天井は無垢の杉板の竿縁天井です。60年ぐらい前の...

[ 数寄屋 ]

街道筋の家 東海道の田舎の駅に住む
イメージ

東海道の田舎の駅に住むここは由比小さな街ながら蔵元が2軒ある正雪と英君魚もうまい昨日も「はだ...

[ 街道筋の家 街並みの再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ