コラム

 公開日: 2017-10-07 

街並み再生 街道筋の家 案内会












街道筋の家のこと
京都に行って古い街並みを見る。みんな素敵だねと言う。若い女性たちがうっとりとした表情で歩いている。その美しい街並みを造っている建物を町家と呼ぶ。
通りに向かって軒を並べる家々の立ち並んでいるさまは実にいい。
これは実は京都だから見られる光景ではない。京都を中心に日本全国には、津々浦々道路が古くから整備されてきた。その地方の街道筋には必ずこの京都に極めて強く影響された街並みが形成されていた。
日本の街道は京都につながっている。だから京風のすてきな街並みが遠く離れた地方にも存在してきた。
蒲原由比もその一つ。少し前の蒲原由比を知っている人たちは覚えているでしょうその街並みを。いまでも蒲原宿や由比の倉沢の町並みにはその名残が見られる。
時代は流れている。古いものは壊され新しいものに変わっていくことは当たり前のこと。古いものだけが風情があって尊いなどとは言わない。市井の人々が暮らす町家は、京都に行っても古いものでも高々100年そこそこ。幕末の動乱で京都の町はその多くが焼かれ、いま私たちが目にしている京の町家の多くはその後建て替えられたものばかりなのです。
人々が暮らす住宅がすべて重要文化財ではない。古いものを大切に残すことだけが重要なのでもない。大切なことは、古いものが新しいものに建て替えられるときにどういう風に建て替えられるかということ。建て替えるときにどうするか。
家は個人の物です。だが街並みはみんなの物です。今に残るどんな街並みも建て替えを繰り返してきた。その繰り返しの中で街並みとの調和を先人たちは考えてきたはずなのです。なぜなら街並みはみんなの物、みんなの財産だからです。
美しい街に住んでいるんですね。あなたの家も素敵ですね。と訪れた人たちがため息をつくような、そんな街に住むことができることはとても幸せなことだと私は思うのです。

古いものを大切にするということ
お爺さんが建ててお父さんお母さんが暮らし、私が生まれて育った家。もう古くなって暮らしにくいから壊して新しい家に建て替える、それは当たり前のことです。でもほんとに建て替えなければならないほど老朽化し、手の施しようもないほど住みにくいものなのか。     ちょっと待ってください。  
私は町家について、古いものを残すことだけが重要ではないと言っていますが、簡単に壊してしまうことを進めているのではありません。
近代の住宅はあまりにも短命に過ぎます。これには理由があって、戦後の住宅事情が影響しています。戦後の住宅建設ブームから、伐採してろくに乾燥もしていない生の木でどんどん家が建てられました。  新建材が魔法の材料のようにもてはやされてどんどん使われました。
50年前ぐらいから建てられた住宅のほとんどがこれらからの弊害をのちに受けることになりました。いわく木の家は長持ちしない。たいして価値がない。おまけに新しい家は人間を病気にまでしてしまう。
その結果、住宅は簡単に壊され、簡単に建て替えられる存在になってしまった。それはある意味ややむを得ないことです。年月の経過にとても耐えられる代物ではないからです。
ただ忘れてはいけないことがあります。同じ木造住宅でも、戦前くらいまでに建てられた住宅は建築としての価値が全然違います。それらの多くは100年、150年いやもっと、年月の経過に耐えることができる建物なのです。
なぜなら、使われている素材が天然の本物の素材であること。建物自体に地域の気候風土文化に適応した造りやしつらえがなされていること。
年月の経過は本物の素材に味わい深い重みを持たせ、飽きることがない。隅々に日本の、地域の文化が感じられる空間は居心地がよく味わい深い。だから長い年月の経過にも耐えられるのです。
そして、家にその家の歴史が刻まれている。お爺さんが家を建てたときの話、お父さんお母さんが暮らしてきた歴史、自分や兄弟が育ってきた時間、大切にしたい家族の記憶が詰まった家。これはおろそかにできない。
愛されるべき古きよきものとして見つめることができる建物がここにある。そのことに気づいていない人達が実に多いのではないか。
古いものを大切して生きる。戦後の経済成長の中で日本人が忘れ置き去りにしてきた美徳。そんな生き方が、古い建物を現代の暮らしに合わせて修繕し、模様替えし、日本的なしつらえや美意識を楽しみながら暮らそうという気持ちにしてくれるんだろうと思う。それはとても知的な素敵な暮らしだと私は思っています。
そんな街道筋の家の修繕がほぼ終わって、見学をご希望する皆様をご案内する機会を得ました。
完全予約制なので電話での申し込みが必要ですがどうぞお気軽にお申し込みください。
またご希望があれば、冒頭述べた新しく建て替えられた街道筋の家現代版やその他新築物件もご案内できますのでご相談ください。

seiji.wakayama

雨中有楽

この記事を書いたプロ

株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽 [ホームページ]

一級建築士 若山誠治

静岡県静岡市清水区由比阿僧941-4 [地図]
TEL:054-375-5289

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
日本家屋のよさを今に伝える、若山建築事務所の若山誠治さん

日本家屋のよさを再発見!今だからこそ天然素材で家づくりのすすめ(1/3)

由比の海を望む高台にある「若山建築事務所」。一級建築士の若山誠治さんが代表を務めるこの建築事務所では、日本の風土や気候にあった「木の家」を今の暮らしの中に生かしていく「家づくり」を提案しています。「縄文時代から日本人が築きあげてきた家づく...

若山誠治プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

数寄屋、茶室、社寺、自然素材の家、パッシブデザイン

会社名 : 株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽
住所 : 静岡県静岡市清水区由比阿僧941-4 [地図]
TEL : 054-375-5289

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-375-5289

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

若山誠治(わかやませいじ)

株式会社若山建築事務所 一級建築事務所 雨楽

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
こんぴら狗が街道筋を行く。江戸の文化。
イメージ

こんぴら狗の事。江戸時代。。日本橋から四国の金毘羅さんへ、人間の代わりに犬にお参り...

[ 街道筋の家 街並みの再生 ]

民家の再生
イメージ

昭和19年頃、大火で隣の家まで焼けたと言う。延焼を食い止めるためにこの家は壊されようとしたそうな。その時...

[ 街道筋の家 街並みの再生 ]

由比阿僧の高台。土地と建物合わせて提案。5区画。日本の家を手の届く価格で。
イメージ

明日開催。現地説明会。若山建築事務所事務所にて。土地はすぐ近くです。高台の更地に手の届く価格で、土地と建...

[ 土地と建物合わせて提案。現地説明会。 ]

由比阿僧に土地と建物合わせて提案限定5区画。手の届く価格で日本の木の家を。現地説明会。(Ⅵ)
イメージ

子育ての家27坪。阿僧の家(Ⅵ)こんな家で子供を育てられるといいね。安心な天然素材。そして日本の気...

[ 土地と建物合わせて提案。現地説明会。 ]

由比阿僧に土地と建物合わせて提案限定5区画。手の届く価格で日本の木の家を。現地説明会。(Ⅴ)
イメージ

二人の家。日当たりのいい家で静かに暮らそう。15.7坪の家。奥まったところに建つ平屋の素敵な家。車か...

[ 土地と建物合わせて提案。現地説明会。 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ