コラム

 公開日: 2016-06-09 

SBS学苑 衛生管理者 静岡講習 過去問の解き方6-6

問 6 屋内作業場において、第二種有機溶剤等を使用して常時洗浄作業を行う場合の措置として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
ただし、有機溶剤中毒予防規則に定める適用除外及び設備の特例はないものとする。

(1)作業場所に設ける局所排気装置について、外付け式フードの場合は0.4m/sの制御風速を出し得る能力を有するものにする。
(2)作業中の労働者が有機溶剤等の区分を容易に知ることができるよう容器に青色の表示をする。
(3)作業場における空気中の有機溶剤の濃度を、 1年以内ごとに1回、定期に測定する。
(4)作業に常時従事する労働者に対し、 1年以内ごとに1回、定期に、有機溶剤等健康診断を行う。
(5)作業場所に設けたプッシュプル型換気装置について、 1年を超える期間使用しない場合を除き、 1年以内ごとに1回、定期に、自主検査を行う。



考え方  覚えておかなければならない数字や頻度に関する問題です。レベルとしては、優しい問題となっています。このような問題を取りこぼさずに正しく選択をすることが重要です。
しかし数字に目が行ってしまうと、二種の有機溶剤であることが薄れてしまいます。ここは気を付けておきましょう。

解 説
(1)0.4m/sに見覚えがあると正しく思えてしまうかもしれませんが、外付け式とありますので、もっと風量が必要です。囲い式の場合0.4m/sです。
(2)溶剤を色分け表示する場合、危険の度合いの高い一種が赤でした。二種は黄です。
(3)作業環境測定の頻度です。1種と2種は6か月以内に1回となっています。3種は決まりがありません。
(4)通常の定期健康診断は1年以内に1回ですが、ここでは有機溶剤の特殊健康診断を聞いています。6か月以内に1回となっています。
(5)局所排気装置、プッシュプル型排気装置とも1年以内に1回の定期自主検査が必要です。

答(5)が正しい。

この記事を書いたプロ

オフィス横澤 [ホームページ]

行政書士 横澤肇

静岡県静岡市清水区神田町1-1 [地図]
TEL:054-340-2910

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 衛生管理者試験

衛生管理者に関するQ&A Q 衛生管理者がいないけど・・?A 労働安全衛生法(以下安衛法)の中で常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有す...

特定個人情報保護
個人情報保護に関する基本方針

横澤社会保険労務士法人の個人情報に関する基本方針

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
行政書士、社会保険労務士としてさまざまな業務をこなす横澤肇さん

「あなたの未来を応援します」働きやすい環境作りをサポートする 頼れる労務の専門家(1/3)

 静岡市清水区に事務所をかまえて三十有余年。「オフィス横澤」は、人事・労務にかかわる手続きやアドバイスを行う社会保険労務士法人として、また、各種許認可の申請を行う行政書士事務所、労災保険の特別加入を推進するシミズ労働保険組合として、国家資格...

横澤肇プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

時代の変化に合わせた労務管理を提案。資格取得サポートも!

会社名 : オフィス横澤
住所 : 静岡県静岡市清水区神田町1-1 [地図]
TEL : 054-340-2910

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

合格者の声

講座のおかげで合格することができました。 講義でテキスト...

M・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
14.労働安全管理及び事故発生時の対応 4   14.2 解 説

 解 説・教育と訓練    安衛法では、すべての労働者を対象に、雇い入れ時と作業内容の変更時の安全衛生...

[ JGAPと労務管理 ]

 SBS学苑 衛生管理者静岡講座 過去問の解き方 7-25 医師による面接   

問25 労働時間の状況等が一定の要件に該当する労働者に対して、法令により実施することが義務付けられている医...

[ 衛生管理者 ]

14.労働安全管理及び事故発生時の対応 3   14.1 解 説

・安全管理者と衛生管理者(安衛法)   製造業で常時10人以上労働者がいる事業所では 安全推進者。 50...

[ JGAPと労務管理 ]

 SBS学苑 衛生管理者静岡講座 過去問の解き方 7-24 炊事従業員の休憩室トイレ  

6月から労働基準法と最近の労働法改正の解説講座を開催します。労基法の正しい理解と、関連する労働法の改正によ...

[ 衛生管理者 ]

14.労働安全管理及び事故発生時の対応 1   14.1 解 説

・リスク評価   安衛法の第3条1項では、事業者の責務として、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じ...

[ JGAPと労務管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ