コラム一覧

1件~15件(24件)

過去の15件

土地や不動産が含まれていた場合の遺産分割

遺された財産が現金や預貯金であれば簡単に分割できますが、不動産の分割は容易ではありません。トラブルの要因ともなり得る不動産の上手な分割方法を紹介していきます。 遺産のトラブルは、小額の相続であっても決して無縁ではない 莫大な遺産を相続するとき、相続人の間で争いごとが起き... 続きを読む

遺産分割協議

2016-11-10

遺産分割協議に期限はある?

遺された財産を相続人が相続するとき、「誰がどれくらいの遺産を受け取るのか」を決める“遺産分割協議”が必要となることがあります。この協議はいつまでに行うべきなのか、その目安となる期限を解説します。 さまざまな遺産手続きの起点となる「相続の開始」とはいつなのか 遺産の相続とは... 続きを読む

遺産分割協議

2016-11-08

遺産分割を行う際の手続きと流れ

被相続人が遺言書を残さずに亡くなってしまった場合、一定の手続きに則って遺産分割の協議を行う必要があります。ここではそのおおまかな流れとともに、分割しづらい財産についての三つの分割方法を紹介します。 法的に決められているはずの相続の割合で揉めてしまうケースとは 現金や預貯... 続きを読む

遺産分割協議

2016-11-04

遺産相続で兄弟で争わないためにやっておくべきこと

遺産相続には、とかくトラブルがつきものであり、それは兄弟姉妹間であっても同様に起こりえることです。このような争いごとが起きる前に、あらかじめ講じておくべき点を整理しておきましょう。 本来は、兄弟姉妹間でも公平に相続割合が決められている 遺産相続という言葉には、常に「トラ... 続きを読む

遺産分割協議

2016-11-02

相続の順位とそれぞれの遺留分

亡くなった人(=被相続人)の遺産を相続する場合、被相続人との続柄によって優先順位が付くことになります。ここではその順位のあらましと、それぞれに保証されている「遺留分」の詳細を確認しておきましょう。 相続において、配偶者と子ども達は高い優先順位を持つ 人が亡くなると、その... 続きを読む

遺産分割協議

2016-10-30

遺留分減殺請求とは?権利がある人とない人

遺産相続の権利を持つ人には、確実に相続を受けることができる「遺留分」という割合が確保されています。遺留分が認められる続柄の範疇と、その請求方法(遺留分減殺請求)のあらましを紹介します。 法律によって相続の権利を持つ続柄とは 現金や不動産などの財産を持った人が亡くなったと... 続きを読む

遺産分割協議

2016-10-28

相続した空き家・空き地を売却する方法

相続された住宅は、たとえ空き家になったとしても、適切に管理しなければなりません。しかし将来的に住む可能性が低いのであれば、売却してしまった方が良いケースもあるのです。 相続を発端とした空き家発生が増え続けている現状 総務省統計局の調査によると、5年前に比べて我が国の空き家... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-23

空き家を解体するメリット。解体補助金もある!?

日本全国の自治体で、放置された空き家の増加が大きな問題となっています。周辺環境に悪影響を及ぼしかねない空き家を解体することは、実は所有者側にも大きなメリットが考えられるのです。 なぜ放置された空き家は解体しなければならないのか 総務省の住宅・土地統計調査で発表された平成2... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-21

空き家のままだと固定資産税が6倍に!?税制変更の背景

住宅の建っている土地を所有している場合、固定資産税は最大1/6にまで軽減される措置があります。ところが住宅が空き家になることで、減免措置が適用されなくなるケースがあるのです。 土地や建物にかかる固定資産税のさまざまな軽減措置 固定資産を所有していれば、それだけで固定資産... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-18

空き家が増え続ける原因と空き家の問題点

現在、全住宅数のうち、実に13.5%が空き家になっていると言われています。何故この数字が増加し、そしてどのような問題点をはらむのでしょうか。 数字で見る、空き家が増加している実情とは 近年、「空き家が増加している」という報道が多くなされています。これがどれほど深刻なものなの... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-16

空き家対策特別措置法の施行により変わったこと

政府は、増え続けていく空き家の対策に向けて、「空き家対策特別措置法」を施行させました。この特別措置法によって、強制力を持つ空き家対策が可能となったのです。 周辺への悪影響を減らすための「空き家対策特別措置法」という手段 平成27年5月26日に完全施行された、「空家等対策の推進... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-14

空き家とは?空き家問題の現状

深刻化する空き家の増加問題は、どこにその要因があるのでしょうか。その定義やデータなどの現状を踏まえ、問題の核心部分を紹介します。 近年、増え続けている空き家の定義と深刻な現状 昨今のニュースなどにおいて、我が国の「空き家問題が深刻化している」という話題に触れられることが... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-12

相続した空き家売却は税金が安く!?譲渡所得の特別控除について

現在、大きな問題になっている空き家の発生には、相続に起因するものが多いと考えられています。相続した住居を売却しやすくなる特別控除は、空き家問題解消の一助となることが期待されているのです。 周辺の生活環境に悪影響を及ぼす、空き家の増加 「不動産を相続する」という言葉を聞く... 続きを読む

空き家の相続

2016-10-06

遺言による相続登記の手続きと必要書類

不動産を相続して名義変更する相続登記を行うには、遺産の分割方法によって異なる手続きが必要となります。ここでは、遺言書による遺産分割の際の登記手続きのあらましを紹介します。 不動産の相続登記には、遺産の分配に応じて異なる方法がある 亡くなった人(被相続人)の財産を相続する... 続きを読む

相続登記

2016-10-04

共同相続登記とは?どんな場面で行われる?

不動産は、単純に分割することが難しい財産です。相続の際には、遺産分割協議が必要です。その協議の過程においては、複数の相続人による「共同相続登記」が可能となります。 不動産が相続人の所有であることを示す相続登記 不動産などの財産を所有した人が亡くなると、その人は被相続人と... 続きを読む

相続登記

2016-09-30

1件~15件(24件)

過去の15件

RSS
取扱い業務&料金案内

■ 相続した不動産の遺産分割手続きから売却、清算までをサポート ☆ 不動産査定、相続人調査、遺産分割協議書作成、不動産売却、遺産分割清算         ...

 
このプロの紹介記事
よつば綜合事務所の坪内伸太郎さん

行政書士と不動産業の両輪で、遺産分割や空き家問題をサポート。(1/3)

 もう誰も住んでいない実家を処分して清算したい。空き家になっている実家を相続したけれど、手続きの仕方が分からなくて放置してある。相続の話を進めたいが、途中で止まってしまっている――。そんな相続や不動産に関する悩みを抱えている人は、少なくな...

坪内伸太郎プロに相談してみよう!

静岡新聞社 マイベストプロ

不動産売却から遺産分割までワンストップでお任せいただけます!

会社名 : よつば綜合事務所
住所 : 静岡県静岡市駿河区石田3丁目18番17号 [地図]
TEL : 054-260-4593

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

054-260-4593

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坪内伸太郎(つぼうちしんたろう)

よつば綜合事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
土地や不動産が含まれていた場合の遺産分割

遺された財産が現金や預貯金であれば簡単に分割できますが、不動産の分割は容易ではありません。トラブルの要因...

[ 遺産分割協議 ]

遺産分割協議に期限はある?

遺された財産を相続人が相続するとき、「誰がどれくらいの遺産を受け取るのか」を決める“遺産分割協議”が必要とな...

[ 遺産分割協議 ]

遺産分割を行う際の手続きと流れ

被相続人が遺言書を残さずに亡くなってしまった場合、一定の手続きに則って遺産分割の協議を行う必要があります。...

[ 遺産分割協議 ]

遺産相続で兄弟で争わないためにやっておくべきこと

遺産相続には、とかくトラブルがつきものであり、それは兄弟姉妹間であっても同様に起こりえることです。このよ...

[ 遺産分割協議 ]

相続の順位とそれぞれの遺留分

亡くなった人(=被相続人)の遺産を相続する場合、被相続人との続柄によって優先順位が付くことになります。こ...

[ 遺産分割協議 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ